紺野よしおから最後のお願い

catchcopy01

あの忌まわしい東日本大震災から間もなく8年を迎えます。犠牲になられた皆様、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

昨年9月から自分の足で市内をくまなく3回まわりました。その距離は900キロに及びました。市民一人一人から、希望、悩み、考えていることなどいろいろ聞かせていただきました。

現場からしかわからないことを知ることができた、貴重な経験となりました。

私は、この経験をもとに「幸せあふれるたかたの未来」へ向けたまちづくりへ36年の県職員としての経験をすべてを使い、子や孫に多大なツケを残さないまちをつくる決意です。

皆様のご支援をお願い申し上げます。

紺野よしお