Profile

略歴

略歴
学校・所属・役職・職務内容
昭和53年3月岩手県立高田高等学校卒業
昭和58年3月中央大学法学部卒業
昭和58年4月岩手県奉職
平成19年農林水産部管理課長
平成21年IT推進課総括課長
平成22年法務学事課総括課長
平成24年市町村課総括課長
平成25年政策地域部副部長
平成26年保健福祉部副部長
平成27年会計管理者
平成28年農林水産部長
  • 県オリジナル水稲品種「金色の風」・「銀河のしずく」の開発・市場投入
  • プレミアムリンゴ「冬恋」など農林水産物のトップセールス
  • 台風10号災害対策予算の確保など
平成30年企画理事
  • 国外への県産品売込み
  • 知事側近として各種企画立案(ブレイン的業務)
  • 知事海外視察への随行
  • ウルグアイ国親善訪問など

家族

父、母、妻、二男一女

携わってきた分野

法務・財政・会計・企画・議会・市町村行財政指導・IT化推進・農林水産振興・保健福祉・交通政策・地域振興・県産品販路拡大・県土整備企画・副知事秘書等

推薦のごあいさつ

紺野由夫後援会
紺野由夫後援会 会長 米谷 春夫

あの忌まわしい大津波から7年半が経過し、陸前高田の街も徐々にではありますが、形が見えつつあります。しかし、これからの”たかた”はどうなるのだろうか。税収源となる産業も主力企業もなく財政は大丈夫なのだろか。明るい希望や将来像が見い出せるのだろうか、と強い危機感と不安をもっていました。

そんな時、かねてから待望していた紺野由夫さんがふるさとへの熱い思いをもって”たかた”に身を捧げる決意をされました。県の中枢的存在、知事の最側近というポストを捨ててまでふるさとに尽くしたいという決意に心打たれ、後援会長をお引き受けしました。

紺野由夫さんの豊かな人格、知識、キャリア、県と国の太いパイプはこの”たかた”を救っていただけるものと確信しております。

改めて、今までよりは、これからが大切ではないでしょうか。

市民の皆様と共に「幸せあふれる”たかた”の未来」に希望を持つために、ご理解とご賛同をお願い申し上げます。

紺野由夫後援会 会長 米谷 春夫