紺野よしおから最後のお願い

catchcopy01

あの忌まわしい東日本大震災から間もなく8年を迎えます。犠牲になられた皆様、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

昨年9月から自分の足で市内をくまなく3回まわりました。その距離は900キロに及びました。市民一人一人から、希望、悩み、考えていることなどいろいろ聞かせていただきました。

現場からしかわからないことを知ることができた、貴重な経験となりました。

私は、この経験をもとに「幸せあふれるたかたの未来」へ向けたまちづくりへ36年の県職員としての経験をすべてを使い、子や孫に多大なツケを残さないまちをつくる決意です。

皆様のご支援をお願い申し上げます。

紺野よしお

選挙運動最後の演説

先程午後6時頃から行われた支持者を前にした最後の演説です。紺野よしお自身が言うように演説(挨拶)は上手ではありませんが、市長としてやるべき事を行政のプロとして語っています。

途中からですが、核心をついた演説です。冷たい風がふく最中、一生懸命語ります。

政策の一部を再度訴えます

市民とともにまちづくりを進めます

説明会ではなく、膝を交えた座談会を開催し、市民の皆様の意見を聞く機会を多く持ちます。

大事な問題は、市民とともに判断する市民投票制度を作ります。

行財政の健全化を図ります

健全財政運営に関する条例を作り、市の財政状況を公表します

維持費が高くなる7階建ての市役所新庁舎建設を見直します。

houtei2flipside2
houtei2flipside2

希望の光

car19020103

黄昏、夕暮れ時ですが、紺野よしおは演説をします。その視線の先に政策を、思いを聞いてくれる人がいる事を信じて。

日本全体の人口が減少し、東京一極集中が進み、東日本大震災によって鉄路をなくし、過疎化の加速度が増してしまった、愛着のあるふるさと–陸前高田を何とかしようと紺野よしおは立ち上がります。このまま暗くなるまちにしてはいけない。国の、国民皆さんの税金でかさ上げしてもらった土地をそのままにしてはいけない。

car19020102
car19020102

外は寒くて凍えそうになりますが、思いを伝え、投票行動につなげ、一票を勝ち取らなければなりません。

そして、働く場があり、安心して子供を産み育てられる環境があり、しっかりとした教育を受けられまちにしないといけません。

紺野よしおはそのために立ち上がり、頑張ります。希望の光になりたい。暗くなったまちに「紺野よしお」の名前を輝かせてください。

car19020101
car19020101

I’ll stand up for what I believe in.

市の財政状況について

ある団体の「ニュース」の中で陸前高田市の財政状況は現在も将来も健全であると書いています。そして次のように実質公債費率を減らしてきたと主張しています。実質公債比率とは地方公共団体の借入金(地方債)の返済額(公債費)の大きさを、その地方公共団体の財政規模に対する割合で示したものです。詳しくはこちらから。

relevantdoc2
relevantdoc2

最近の8年間は市独自事業がなかったので、借金は増えませんでした。これは市が借金を減らす努力した結果、減った訳ではありません。国から借金を返す財源をもらっていたからです。勿論、財源と言っても元々は全国民の税金です。これは地方交付税というものがなせるワザです。 実は市独自の事業を何もしないから、何もしてこなかったからこそ借金が減ってきたのです。

次の画像は福田利喜議員からの提供資料です。議会に提案されているものです。

relevantdoc
relevantdoc

平成35年に「17.0以下」とあります。これは借金を現状の13.7%から17.0%まで増やす計画をしているということを意味しています。これから市独自の事業を展開するという意味でしょうか?それとも、人口減少、税収減少なので分母の財政規模が小さくなるため、相対的に借金の比率が高くなるという意味でしょうか?何れにしても将来借金が0になる事はありません。将来の借金負担比率が0というのは市の独自事業を、これから何もしないという意味になります。

紺野よしおは将来の借金を0にするとは言いません。借金は減っているからよいのではなく、きちんと管理・運用することが大切です。企業誘致専門職員を採用し、積極的に企業・工場誘致を展開し、孫・子が働ける場所をつくります。政策項目についてはこちらをご覧ください。

ご厚志・ご寄付へ感謝しています

たくさんの方からご厚志・ご寄付をいただいております。誠にありがとうございます。本来であれば、お一人おひとりに直接お会いして御礼を申し上げるところですが、何分にも、最後の訴えをしている最中です。頂きましたお気持ちは目指す財政運営同様に最大限に活用し、より一層勝利に向かって頑張ります。

ありがとうございます。